So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

ロッケストラ 8月度中間 [クライミング]

8月もクーラーに惹かれてロッケストラは本日で8回目です。先月からの通算成績は5~4級のグリーン19本のうち15本、8月のマンスリー35本中15本はやっつけましたが、4~3級の赤はまだ一本も登れておりません。少しづつ強くなっているように思いますが、3級あたりの課題は全く登れる気がしません。全く進まなくなれば飽きてやめますが、何とかまだ2日に1本くらいのペースではやれています。

コメント(0) 

クライミングシューズのベルクロ修理 その2 [日々のつれづれ]

履きやすいので、クライミングシューズはベルクロテープで締めるタイプのものを使っていますが、使用しているうちにベルクロがバカになってくっつかなくことが欠点です。そこで以前は古い5.10のシューズのバンドの部分を切り取ってベルクロテープをカシメで留めるという安直な方法で修理してみました。
見映えは悪いもののちゃんとくっつきます。ベルクロテープには硬いフック部のオスと柔らかいフサフサしたメスの部分があって、靴本体にはメスが付いてバンドにはオスが使用してあります。劣化ですが、どうもフック部分のオスの方が傷んでいるように思います。そこで別のベルクロが緩くなっている靴を修理してみました。
まず百均でテープを購入してオスメスを背中合わせにしてミシンで縫います。
そしてこれをベルト部分の古いベルクロテープの上にボンドで張り付け、重しを置いて一晩接着させました。すると新しいオス部のテープだけで結構接着力が復活しています。靴本体のメス部も同様にやろうと思っていましたが、今のところこれだけで大丈夫そうです。

コメント(0) 

保塁岩でスズメバチの御機嫌取り [クライミング]

保塁岩に着くと、昨日KINetの方により岩場のスズメバチの巣が撤去されたとの掲示がありました。KINetとは関西岩場環境整備ネットというボランティア組織で、岩場の支点の打ち替えなどをして頂いている有り難いグループです。保塁岩では毎年夏から秋にかけてスズメバチが巣をかけて怖い思いをしますが、毎年KINetの方の尽力により巣を撤去してもらっています。準備をして中央稜の下の方に降りていくと、行き場のなくなったお怒りモードのスズメバチが結構います。「決して怪しい者ではございやせん」との念力を発しながら登りますが、刺されてはいけないので後半は上の方の岩場に移動してやりました。しかし保塁岩は爽やかで快適です。夏場でも標高が高いので涼しくていいですよ。

コメント(0) 

ロッケストラ 7月度 [クライミング]

冷えたクーラーに誘われて、7月はクライミングジムのロッケストラに11回行っていました。3級を目標にしていましたが、8段階あるレベルの易しい方から四つ目のグリーン(4~5級)を半分くらい残してしまい、次の赤(3~4級)はほとんど触らずしまいでした。またマンスリーもあまり触っていません。4級くらいに限界グレードがあるので、ここにくるとよほど撃ち込むか根本的に体を作り直さないといけません。半年単位でやれば強くなるように思います。こればっかりやっても面白くないのですが、何せ暑いのでクーラーは魅力的、8月を継続するかどうか少し考えてみます。

爺ヶ岳-鹿島槍ヶ岳-八峰キレット-五竜岳 [登山]

今回は少しスタイルを変えてテン泊縦走を計画しました。二泊三日の装備を詰めてみると、40Lのザックに行動用の水を含めてちょうど10Kgに納まりました。

7月19日
爺ヶ岳登山口で前泊して、柏原新道で種池、爺ヶ岳を経由して冷池小屋キャンプ場に登ってきました。「謎のメーカーGeerTopの一人用中華テント」は快適ですが、晴れているので日中はサウナ状態でとても中には入れません。
鹿島槍ヶ岳
170719_0917~03.jpg
種池小屋
170719_0915~01.jpg
爺ヶ岳山頂
170719_0950~01.jpg
一人用中華テント
170719_1213~01.jpg
7月20日
早立ちして鹿島槍ヶ岳に向かいます。ここは特別な山です。早いので頂上には誰もいませんでした。ここから五竜岳までは危うい縦走路が続いています。しっかりクライミングの姿勢がとれないと危険ですね。最近はヘルメット着用が定着して、私以外のすれ違う方は皆さんちゃんと被っておられました。ガスがないので、白馬から剣・立山、遠くに槍ヶ岳まですべて見えます。また沢山の高山植物も見ることができました。快調に飛ばして五竜山荘まで6時間半で到着しました。予定ではここでテン泊の予定でしたが、早いのでそのまま遠見尾根を下りました。快晴で灼熱地獄です。長い行程を悪態をつきながら下り、バスで神城から駐車地に戻りました。
鹿島槍ヶ岳頂上付近
170720_0502~01.jpg
鹿島槍ヶ岳山頂
170720_0540~01.jpg
鹿島槍ヶ岳からキレットへの下り
170720_0553~01.jpg
八峰キレット
170720_0642~01.jpg
縦走路より五竜岳
170720_0826~01.jpg
白馬岳方面
170720_0957~02.jpg
剣岳・立山方面
170720_0958~01.jpg
五竜岳東面
170720_1130~01.jpg
今回も飛ばし過ぎてしまいました。遠見尾根は積雪期には通っていますが、この暑いときに長くてアップダウンのあるこのコースはもう二度と行きません。

雪崩ビーコンを譲ってもらった [日々のつれづれ]

このクソ暑い時に雪崩の話でもありませんが。雪崩ビーコンというのは体に装着して、雪崩埋没時に電波を発信しているので発見してもらいやすくなると同時に、受信機能があるので埋没者を捜索する機能のある高価な機器です。私の場合は単独登山ですし、現在はリスクのある積雪期登山をしている訳ではないので、現在まで使用していませんでした。ただビーコンを装着していないバックカントリースキーヤーなどまるで「人でなし」のように言われ、最近はビーコンチェッカーのある関所が設置されてきたので購入せざるを得ない状況になりました。今回はたまたまクライミング仲間の方から中古で譲って貰えることになり、ラッキーです。雪崩対策についてはさまざまな情報や手法が紹介されていますが、これらを統合し自分の技量と覚悟を対比させ意思決定をしていくやり方が重要だと考えています。来期からは武器がひとつ増えましたので、今から雪山が楽しみです。

ロッケストラ 3回目 [クライミング]

割に人気のジムなのでしょうか、平日昼間も昨年よりお客さんが増えているようです。5級程度のほぼ一撃出来る課題はやっつけたので、これからは一本づつ考えてやらないといけません。とりあえず一ヶ月を目処に3級をきれいにやることを目標にしたいと思います。同時に長ものは必然です。ただ、いれ込むと必ず故障するので、慎重に課題を選びたいと思っています。

猫ちんのサマーカット [猫ちん]

梅雨の蒸し暑さで猫ちんの食欲が落ちてきました。そこで毎年恒例のサマーカットをしてやりました。風呂場に監禁して市販の猫用バリカンで刈っていきますが、12才と9才の老猫になりましたので、若い時のような抵抗は少なくて結構上手く刈れました。不細工ですが元気に夏場を過ごしてほしいものです。

フリーペーパー「CLIMBERS」 [日々のつれづれ]

ジムにフリーペーパーの「CLIMBERS」があったので、バックナンバーも含めて2号~4号を貰って読んでみました。24頁のボリュームある雑誌です。内容はスポーツクライミングでトップクラスの選手のインタビュー記事がメインですが、シューズの紹介やコンペ情報などもあります。中でも講座のコーナーは参考になることが沢山ありました。筋肉、筋、関節を傷めやすいので、トレーニング講座は勉強になります。フリーペーパーとしては出色の出来栄えではないでしょうか。一方、体協から送ってくる情報誌の「Sports japan」は何故読む気がしないくらい面白くないのでしょうか。

ロッケストラ [クライミング]

クライミングに必要な体幹の力は維持しなくてはいけません。しばらくは主戦場のジムをロッケストラにします。

前の10件 | -