So-net無料ブログ作成
検索選択
前の10件 | -

パンプ今年10回目 [クライミング]

パンプはこのところのルート更新ですっかり様変わりしています。目標となる11前半も新作が出来ているので頑張ってみました。「うどん11a」は5回目トライですが、中間部の縦ホールドの処理が上手くできません。前半のムーブにも問題がありそうなので次回は修正してやってみます。前傾壁に「鯱11a」が出来ていました。2便やりましたが、いずれも1テン。好きな感じで、ややお買い得なので次回は落とせそうです。あと二つ11aを触ってみましたが、これは難関ですね。連休までに頑張ります。

キングソフト オフィス2016 [日々のつれづれ]

既にほとんど賞味期限が切れている私のパソコンですが、OSをVista→Win7→Win10に入れ替えたり、使い易い設定にしているのでなかなか新しく買い替えることが出来ません。ところがOfficeも2007なので今年でサポートが切れることが分かりました。Word.Exel.はあまり危険性がないのかも知れませんがOutlookは何となくヤバそうな気もします。そこでOffice2007を抜いて、Word.Exel.の代わりにキングソフト社のオフィス2016を購入してインストールしました。Amazonで約3000円でした。使った感じは今までのものと一緒です。安いのが良いですね。またこれで少し延命しますが、いつ突然ダウンするかわからないのでバックアップはしっかりとしておきます。

コソトレで新しいジムに行く [クライミング]

人工壁のクライミングはレベルを維持するのに週1回の練習は最低必要です。いつも冬場は詰めて行きますが、今年は2月末から指痛、肩痛、膝痛を言い訳に流したような登りでした。先週のパンプで、昨年から伸びてトレーニング充分なあるメンバーの登りを見ていて、置いていかれた感を感じました。このまま負ける訳にはいかないので、また嫌いなボルダリングジムに行ってきました。初めていくところですが、こじんまりしていて、登録料なし、名前を書いて一回500円を料金箱に入れるだけです。なにより、チャラチャラ感が全くないのが良いですね。少しコソトレしますよ。

大日ヶ岳でバックカントリースキー [登山]

大日ヶ岳は石徹白を挟んで野伏ヶ岳の東正面になります。山麓にはスキー場がいくつかありますが、今回は高鷲スノーパークのゴンドラを利用してバックカントリースキーで頂上から滑りました。ハイクアップは1時間ですので、お手軽コースです。本日も昨日と同じく天気、展望とも最高でした。

野伏ヶ岳 [登山]

奥美濃に石徹白と書いて「いとしろ」と読む隠れ里のような場所があるので一度行ってみたいと思っていました。またここには夏道がないので積雪期のみが登山可能な野伏ヶ岳という山があって、最近人気になっているようです。登山口で前泊して、雪が緩まないように5時半に出ました。今回はピーク狙いですから、スノーシューとアイゼン持参です。樹林帯を抜ければ展望のきく気持ちの良い場所です。登路のダイレクト尾根は急登ですが、その分高度が稼げました。3時間で頂上到着でした。白山、御岳、遠くに北アルプス、近くに福井の山、無風晴天で絶景を見ることが出来ました。噂通りの良い山でした。

名色スキー場跡から備前山(神鍋)でBCスキー [登山]

バックカントリースキーの道具が揃ったので、テストのために神鍋の旧名色スキー場から備前山まで登り、滑ってきました。今回の道具はアルペンスキーをベースとして、ヒールフリーのアタッチメントを付けてハイクアップするものです。これは滑り優先のスタイルなので、どの程度登れるか確認してみました。名色スキー場跡は下まで雪面が繋がっているのでシールを貼って登っていきます。アタッチメントのセキュラフィックスは思っていたより安定しています。充分使用に耐えますね。ポモカのシールもグリップとグライドのバランス良く効いてくれました。滑りは中間部がグサグサの腐れ雪でしたが、頂上付近は快適、下部もまあまあの状態で楽しく滑ってきました。いろんな段取りも確認出来たので、このスタイルで行けますね。


trekk inn でスキーのシールを購入 [日々のつれづれ]

スキーのシールを最近はクライミングスキンというように洒落た言い方をするようです。今回もまた得意なトレックインから購入しました。とにかく価格優先でPOMOCA製140mm巾のものを送料込みで13000円程度で購入出来ました。スキーに合わせてサイドをカットしますが、付属のカッターが優れもので、エッジを残してきれいに切れます。テールはスッパリ切って張り流しにしました。なんとか上手く加工出来たのではないでしょうか。先日のヒールフリーのアタッチメントと合わせて2万円少しで道具が揃いましたので、まずは近場でテストに出かけますね。


六甲山で今シーズンのスノボは打ち止め [スキー・スノボー]

天気が良いので六甲山スノーパークに出撃しました。顔見知りの常連さんは、いろいろ面白い道具を持ち込んで楽しんでおられます。スノボが前後に分かれているセパレートスノーボードは初めて見ましたが、滑るには難しそうです。私のスノボは4シーズン目に入りました。スノボは浮力があるので、当初からバックカントリーの山ボードを目標としていましたが、技術の上達と爺になるスピードが合わないことに最近気がつきました。ここらで山ボードは諦めましょうか。今シーズンもゲレンデのスノボはここらで置いておいて、スキーはまだまだやりますよ。


武奈ヶ岳は春近し [登山]

天気が良さそうなので比良の武奈ヶ岳に出かけました。イン谷口からダケ道をたどり北比良峠にでますが、ここは長いですね。ここからトレースがないのでスノーシューを履きました。快晴無風で頂上もきれいに見えてきました。雪はしっかり残っています。帰路はコヤマノ岳、金糞峠経由で戻りました。こちらがメインのルートでしょうか、たくさんの人が登っていました。往復6時間でした。日差しは強くなってきているので、春山になっていきますね。


セキュラフィックスでバックカントリー化計画 [登山]

30年以上前に山スキーに凝った時期があって、立山東面を黒部湖まで滑る春スキーによく出かけていました。その時の道具は、コフラックの兼用靴+新発売されたチロリアのステップインのツアーピンディング+コールテックスのシールでした。それなりに最新鋭でしたが、歩くにはしんどく滑りは楽しくない感じでした。その後ツアーの途中で大変怖い思いをしたことがあり、それをきっかけに道具を全部後輩に譲って、山スキーから足を洗いました。
最近残雪期の山登りに行くついでに、時々アルペン(ゲレンデ用)の道具を担いで少し滑り始めました。あまり本格的にやるつもりもないのでアルペンの道具を担ぐことに抵抗はありませんし、残雪期はその方が楽な場合も多くあり、なんといってもアルペン道具での滑りは快適なので、このスタイルも良いと思っています。スノボを練習しているので山ボードを考えていましたが、これはスノボが上達するまでに年齢的に無理だと近頃感じてきました。スキーでバックカントリー(山スキー)に使う良い方法を探してみましたが、最先端の道具一式は性能が良くなっているのでしょうが、大変高額の負担になります。そのときヤフオクでアルペンビンディングに付けるヒールフリーのアタッチメントを見つけました。商品名セキュラフィックスの未使用品です。この手の製品は他にアルパイントレッカーが発売されていますが、セキュラは発売中止品なのでオークションでは安く手に入ります。
本日届いたので早速セットしてみました。靴は二軍のアルペンスキー靴にして、サイズ調節は簡単に出来ました。少しビンディングと干渉しているのが気になります。シールは得意のトレックインで注文しました。シールが届けば試し履きしてみますね。
バックカントリーは機動力があって大変魅力的ですが、ブームにもなっていて事故も多くなっています。この分野は雪山とスキーの両方に自信がある人だけに許されたものだと考えていますので、トレーニングして無理のないツアーコースをやりたいと思っています。


前の10件 | -